MENU

プロミスで振込融資を希望

 

プロミスから振込融資を受けると来店不要で借入が可能です。振込融資とは口座へ直接振り込んでもらう方法のことです。
また、これは口座でのやり取りになりますが審査に通過後融資をしてもらうことが可能になります。

 

ただし、口座に関しては三井住友銀行もしくはジャパネット銀行の自分の口座を持っておく必要があります。通常は審査通過後にプロミスカードを郵送してもらうことで、借入や返済を利用することが可能となっていますが、この方法ではその日にお金を手に入れることができませんので、その日に借入をする即日融資が難しくなります。

 

そのために上記の、口座へ振り込んでもらう瞬フリサービスを利用しましょう。
来店不要のメリットとしては、お店に行かなくてもよくなりますので、時間のロスなく借り入れができることです。
また、審査に落ちてしまった場合にはムダ足になる可能性もありますので、時間のムダを省くことができます。

 

また、バレにくいと言う点でもメリットがあります。家族や友人、恋人に内緒で借り入れをしている方は多いようです。
しかし、自宅にカードが郵送されてくるとバレる可能性がぐっと高まりますよね。
そのリスクを省くためにも効果的に利用することが可能となります。

 

このように、振込融資に関してはデメリットはありません。
口座内でのやりとりとなりますので即日融資の借入も期待できますし、カードレスで利用できます。
これはプロミスのWEB完結申込という方法で、カードレスでバレたくないけれど急ぎで借入をしたいという場合にはとても便利ですよね。

 

プロミスはサークルKなどでも返済できるの?

 

プロミスはさまざまな返済方法から自分に合ったものを選ぶことができるので非常に便利です。

 

プロミスで利用できる返済方法は、

 

 インターネットバンキングを使った返済

 

 口座振替での返済

 

 窓口での返済

 

 プロミス専用ATM・提携ATMでの返済

 

 コンビニでの返済

 

 銀行振込

 

による返済があります。

 

プロミスはセブンイレブンのセブン銀行、ローソンのローソンATM、ファミリーマートやサークルkなどに設置されているイーネットATMとも提携しているので、コンビニさえあればどこでも返済することができます。

 

コンビニATMは営業時間も長いので、夜間などに返済したいときは非常に便利です。

 

コンビニ返済のデメリットとメリット

 

コンビニのATMを利用する際注意したいのは、利用手数料がかかるということです、セブン銀行、ローソンATM、イーネットいずれも1万円以下の利用で108円、1万円超の利用で216円の手数料がかかります。
たかが数百円ですが、毎回利用していると手数料だけで相当な額になってしまいます。

 

営業時間は長いのが特徴ですが、メンテナンス時は利用できないので、余裕を持って利用する必要があります。コンビニ返済の最大のメリットはやはりその設置数でしょう。
セブン銀行ATMは2万2000台以上設置されています。

 

ローソンATMは1万1千台、ファミリーマートやサークルkサンクスなどのイーネットATMは1万3千台を超えており、これだけのATMがあれば、日本全国ほぼどこにいても返済が可能でしょう。